【新郎・小物】タキシードの腹巻き-カマーバンドとは?

本日は雨で一気に寒くなっておりますね。こんな寒い日はヒートテックと合わせて、腹巻きでも巻いて出かけたいですが、実はタキシードにも腹巻きがあるのをご存知でしょうか?

それがこちらカマーバンドです。

タキシードに使うカマーバンド

かつてはタキシードの三種の神器

タキシードの特徴といえばジャケットの襟に光る拝絹(はいけん)、蝶ネクタイ、そしてカマーバンドが昔の三種の神器でした。

現在ではその機能性よりも、装飾的なアイテムとして扱われるようになったこちらのカマーバンド。タキシードの完成度を高める(よりクラシックに忠実に再現する)のであれば、着用してももちろんOKですが、新郎さんは結婚式などでは省略可能なアイテムです。

※ちなみに、ジャスティン・ティンバーレイクは着用してますね。

ジャスティン・ティンバーレイクのタキシード

では、このカマーバンドを何故使っていたか、またその歴史にも迫ってみたいと思います。

<カマーバンドの発祥>ラクダ乗りのキャラバン隊

キャラバンの画像

カマーバンドの元祖は、ラクダに乗って砂漠を渡る商人(通称:キャラバン)が腰に巻いた帯の布と言われています。

銀行や財布などがまだ無かった当時は商人達は腰に巻いた、布の中にお金を入れていました。(随分と危ないですね)

この布がウルドー語で「腰」を意味する「kammer(カマー)」と呼ばれ、中近東の民族衣装となりました。

カマーバンドはインドで誕生した

19世紀の後半に遡りますが、タキシードの中にベストを着るスタイルが主流でした。(これは今のスーツと同じですね)。

当時はインドはイギリスの植民地化にあり、駐留中していたイギリス人の将校達は、年間を通して蒸し暑いインドの気候に耐えられず、ベストを脱いでしまった。

しかしそれでは胸元に何も飾りが無いので落ち着かないということで、インド人が使用していた幅の広い帯をベストの代わりに着用したと言われています。

これがカマーバンドの誕生のルーツです。

そして、先ほどのKammerからスペルも変わって、英語のバンドを意味する現在の「Cummer+bund」として定着しました。

カマーバンドを使う時はベルトを使ってはいけない

カマーバンド着用の際には、ベルトは使ってはならず、必ずサスペンダーを使います。

理由はベルトの上からカマーバンドを付けると凸凹してしまうからです。腰回りはすっきりと、ウエストを格好良く見せるためにもこれは守るべきルール。

タキシード似合わせるカマーバンド

カマーバンドにはヒダがついていますよね?

ヒダは上向き(指が、上から折込んだヒダの間に入ります)に、おヘソの位置にパンツの上から巻いて、留金を後ろで掛けるのが着こなし方法です。

ちなみにこのヒダの間は昔は3,4cmヒダの深さが合ってそこにオペラの鑑賞チケットを挟んだり、カードを挟んだりしていたとのこと。

現在はみなさん財布やカードケースを持ち歩くので、カマーバンドにも1,2cmしかヒダの深さが無く、物理的に物を挟むのは難しいです(笑)落とします。

あくまでオプション的な装飾品

カマーバンドは現在はあくまでオプション的な装飾品です。結婚式などで新郎さんは必ずしも着用する必要はありません。自分もタキシード着るとしても付けないだろうなーなんて思っています。

サロンではこういったマニアックなストーリーもたくさんお伝えしますので、是非一度サロンご来店くださいね。(欲しい方は今なら在庫2つございます)

オーダータキシードの予約のバナー