いいブルーあります。英国の至宝 「ハリソンズ・オブ・エジンバラ」の最新生地が入荷

1月もあと僅かで終わりですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

この時期、春のご結婚式のお客様からの問い合わせが非常に多く、小さなサロンですのでてんやわんやしております。

–お客様にお願い

そしてお客様にお願いなのですが、ご予約頂いた後、こちらからのご返信が迷惑メールフォルダに分類されていたり、なかなかご日程確認のご返信がいただけないと、正式に予約がお取りできません。

新郎・新婦様ともにお忙しい中でお時間割いてご連絡頂いている中恐縮ですが、何卒 迷惑メールフォルダのご確認と、早めのご返信を宜しくお願い致します。

※接客中はお電話出れないこともございますが、電話での確認が一番確実です。

【入荷】英国の至宝 ハリソンズ・オブ・エジンバラについて

さて、話し代わりまして皆さま、スーツやタキシードの高級生地というと、どこを思い浮かべますでしょうか?

おそらく、エルメネジルド・ゼニアロロ・ピアーナ等に代表されるイタリアや、ホーランド&シェリー、テイラー&ロッジが有名なイギリス、そして日本一の織物の産地である尾州(愛知県西部)などなど様々かと。

ハリソンズオブエジンバラ  Harrisons of Edinburgh  THE GENTS タキシード 生地

そんな中で今回は1863年にイギリスのスコットランド・エジンバラで創業された「ハリソンズ・オブ・エジンバラ(Harrisons of Edinburgh)」というブランドをご紹介したいと思います。

エディンバラ=スコットランドの首都であり、歴史的な世界都市

エディンバラといえば、スコットランドの首都であり、シャーロック・ホームズの題材やハリーポッターの第一話のロケ地などで有名ですが、旧市街と新市街の美しい町並みが大変素晴らしく、イギリスですとロンドンに次ぐ観光地なんだとか。

そんなエディンバラの街から生まれたこのハリソンズ・オブ・エジンバラ(Harrisons of Edinburgh)。

ブランドの歴史は1827年に遡ります。ジェームズ&オーグルヴィーさんが立ち上げた前身のマーチャントを1863年、後のエディンバラ市長になった「サー・ジョージ・ハリソン」が買収しました(写真は公式ウェブサイトより)

ハリソンズ

それから150年以上もマーチャント(服地卸商)として、名門テーラー、オーダーサロンで取り扱われ、欧州の王侯貴族をはじめとする世界中のVIPのために生地を生み出し続けています。

ハリソンズといえば…赤く光る バンチブックがトレードマーク

ハリソンズオブエジンバラ  Harrisons of Edinburgh  THE GENTS タキシード 生地

スーツやタキシードを少しかじった人なら誰でも知っているのがこの赤いバンチブック(生地の見本帳です)

フルオーダーのスーツ屋さんで同ブランドを使って仕立てようとするなら20万円はくだらないはず。イギリスを代表するトップ生地ブランドです。

親子2世代、30年は着れる。「ハリ」と「しなやかさ」が共存

ハリソンズオブエジンバラ  Harrisons of Edinburgh  THE GENTS タキシード 生地

原毛の細さや柔らかな光沢のあるウールはどことなく儚くもろい印象のあるイタリアの生地に対して、このハリソンズ・オブ・エジンバラの生地の魅力はイギリスらしい、「ハリ」「コシ」です。

アイロンで型もつけやすく、パリッと見栄え良く仕立てられるのも魅力のひとつ。

イギリスメーカーの生地は、イタリアメイドのものに比べて一般的にしっかりと織られており、耐久性があります。また、シワになりにくく、復元力も◎。

その秘密は『経糸』『横糸』共に2本の糸を撚って織り上げられているため。目付けがしっかりしているのです。

よく親子2世代、30年着れるなど説明がなされるハリソンズ・オブ・エジンバラの生地はそういう魅力があります。

ブルー系が充実。海外や沖縄でのリゾートや、サマーシーズンにピッタリ

THE GENTSは海外挙式の方も多く、そんな方のご要望として「薄っぺらく無いけど軽やか」「海の色に映えるブルー」「シワになりにくい」などが挙げられます。

見た目にもライトで、鮮やかな色味の青、おまけに持ち運びや着替えの多い海外でも使いやすいとなるとこのハリソンズ・オブ・エジンバラがとてもオススメ。

タキシード仕様で拝絹を付けてもも良し、そのままピークドラペルジャケットとして使うも良しです。

ハリソンズオブエジンバラ  Harrisons of Edinburgh  THE GENTS タキシード 生地

青だけでも何種類あるんだというかなり精細なグラデーション。

ハリソンズオブエジンバラ  Harrisons of Edinburgh  THE GENTS タキシード 生地

イギリス物はクラシックな色や柄が多くて、華やかさに欠ける印象がありますが、実際のところ今はそんなこともなくハリソンズ・オブ・エジンバラからも今っぽい柄や色は沢山リリースされています。

柄物も豊富

ハリソンズオブエジンバラ  Harrisons of Edinburgh  THE GENTS タキシード 生地

ハリソンズオブエジンバラ  Harrisons of Edinburgh  THE GENTS タキシード 生地

グレンチェックの色味も豊富。今年トレンドのジャケットは柄物、パンツはブラックで、などセパレートスタイルでのお仕立もオススメ。

イギリスの名門ブランドで世界に一つだけの一着を

ハリソンズオブエジンバラ  Harrisons of Edinburgh  THE GENTS タキシード 生地

個人的な知見として、以下のようなお客様に是非ご提案したいと思います。

・結婚式後も長く愛用したい

→リゾートジャケット感覚で、ブルーのジャケットにホワイトのパンツ、レザーサンダルなどに合わせて結婚式以外でも長く活躍してくれそうです。

・海外ウェディングでブルーを着たい、色味にこだわり有り

→ブルーだけで10種類以上ご用意していますので、むしろ悩むはず。。

・イギリスチックな柄物で遊びたい

→チェックといえば、ブリティッシュを代表するハリソンズ・オブ・エジンバラで歴史やルーツも感じてください。

ご要望ある方はぜひご予約の際に、メッセージにご記入いただければと思います。

※なお、THE GENTSのオーダーメイドタキシードの価格はどの生地を使用しても129000円(税別)は変わらずです。

オーダータキシードの予約のバナー