お客様事例:ハワイで挙式されたO様のオーダータキシード

  • 2016年07月19日

先日のフランスの古城で挙式されたH様に引き続き、海外で挙式された方のタキシードストーリーをご紹介。

今回は当サロンでも人気のハワイエリア、「ザ・モアナチャペル」でご結婚式を挙げられたO様の事例です。

ハワイ オーダータキシード モアナチャペル

ザ・モアナチャペル(ハワイ)とは?

神の島と呼ばれるハワイの中でも中心地に当たるオワフ島のワイキキビーチにあるザ・モアナチャペル。

ザ・モアナチャペルの結婚式

“ワイキキのファーストレディ”の愛称で知られ、100年もの伝統と格式を誇るあの「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」内にあります。

ワイキキビーチの中では初めてビーチ沿いに出来たチャペルというのを記憶しております。

ザ・モアナチャペルの結婚式

シェラトンもウェスティンもスターウッドホテル&リゾートの系列。ここのホテルやチャペルはどこも素晴らしいですね。。

O様との出会いからお仕立てまで

さて、O様は私どものタキシードサロンとほど近い表参道にてヘアサロンのスタイリストとしてご活躍されている方でした。

THE GENTSのフィッターによると、O様は接客業の鏡とのこと。おもてなしに気を使われる方で「逆にこちらが恐縮してしまうほど」丁寧で礼儀正しいお人柄だったとのこと。

合わせて、その抜群のスタイルの良さから「この方なら何を着ても似合うだろう」と思ったそうです(笑)

タキシードのご要望について

当サロンにご来店頂く前から様々なタキシードを見て回ってきたO様。

「ブラックがいいんですが、タキシードの生地が落ち着いたマットのものが多くて、もう少しドレッシーな質感のブラックの生地いいです」とのこと。

詳しくお伺いすると、普段はLANVIN、Acneのようなコレクションブランドがお好みで、私共でもこれらのブランドの世界観×ブラックというものをテーマに探しました。

そこで提案したのがイタリア製のウール・ドスキン(朱子織り)のブラック。生地の織りは平織り、綾織りなどが他にありますが、朱子織りの場合はそれ自体が光沢を持っており、高番手の細糸を更に輝かせることができます。

ハワイ オーダータキシード モアナチャペル

オーダータキシードのスタイル

ブラックタキシードに幅は細めのピークドラペル、新郎O様のスタイルの良さを活かしたスリムフィットな仕立てに仕上がりました。

ハワイ オーダータキシード モアナチャペル

オーダーメイドタキシードはTHE GENTS TOKYO、蝶ネクタイはご自身の愛用ブランドでもあるLANVIN、その他シャツ等はO様私物です。

ハワイ×ブラックタキシードの好サンプル

ハワイ オーダータキシード モアナチャペル

ハワイでブラックのタキシードというと「もっと派手な方が!」とついつい前のめりになってしまいますが、いかがでしょうか?決して重たい雰囲気になんてなりません。

むしろホワイトやブルーといったハワイのイメージカラーの中で一点引き締まった存在になることができます。

ハワイだからブルー、ホワイト、などと決めつけず是非フォーマルブラックに挑戦してみてください。

末筆になりますが、同じ接客業としてO様の立ち振舞いは見習うところもあり、またこのような素晴らしい結婚式のお手伝いをさせて頂けたこと非常に光栄です。O様末永くお幸せに!

※その他事例はこちらより↓

groomsvoice