夏、初秋、リゾートのウェディングに最適なイタリアン・コットンが入荷

季節感の出しにくいウール素材に比べて、一目瞭然な季節感を演出できるのがコットン素材です。

今回ご紹介するのは、夏〜初秋の季節やリゾートエリアでのウェディングにぴったりのイタリア製のコットン。「いわゆる固い感じのタキシードはNG」「軽さが欲しい」「けれど礼装の仕様は取り入れたい」などオーダーメイドだからこそできるワガママが叶っちゃいます。

オルメザーノ コットン

FRATELLI ORMEZZANO(フラッテリ・オルメザーノ)

今回入荷したのは通称「オルメザーノ」と呼ばれる、コットン・リネンに強みのあるイタリアのメーカーの生地。anificio Fratelli Ormezzano(ラニフィーチョ フラテッリ・オルメザーノ)社は、1924年にビエラ地方VALLEMOSSO(ヴァッレモッソ)で創業しました。

ビエラ地区はスーツの生地の「メッカ」とも呼ばれる地域で、エルメネジルド・ゼニア、ロロピアーナ、カルロ・バルベラ、カノニコやレダ、など名だたるブランドの故郷でもあります。

オルメザーノ コットン

コットンで軽やか、でも上品

ウール素材では多くのビエラ初のブランドがあれど、発色が美しく綺麗な色合いのコットンでと言われればオルメザーノが一番に名前があがります。コットン素材なのにまるでシルク混紡?と思わせるようなリッチな輝きは結婚式でカジュアルに決めるとしても大変良く似合うはず。

どういうイメージで合わせるか?

例えば、街で売っているコットンスーツは、完全にカジュアルに振り切ったものが多いもの。3つボタンだったりパッチポケットだったり、フォーマルのルール的にはちょっと??なことがあります。

そこでオーダーメイドならではの特徴を活かして、フォーマルならではの1つボタンにしてみたり、襟をピークドラペルジャケットにしてみたり。そんな遊びができるのもオーダーならでは。

コットンスーツのイメージ画像集

こちらはどれもカジュアルな使い方ですが、タイドアップ(蝶ネクタイを結んで)、フォーマルに仕上げてみればよいかも。硬めな印象になりますが、もちろん拝絹を付けてタキシード仕様にすることも可能です。

オルメザーノ コットン スーツ

Jelani-13-of-14  

オルメザーノ コットン スーツ

オルメザーノ コットン スーツ

コットンでオリジナルな一着をどうぞご検討くださいませ!