【保存版】新郎が結婚式で着るタキシードの着こなし&種類を総まとめ

続いてタキシードの種類とカラーバリエーションを紹介していきます。

3)タキシードの種類は2種類 – ショールカラーとピークドラペル

「礼装なんてよく分からん、なんなら興味も無い」とおっしゃらずに、せっかくの結婚式という機会、知っておいて損はありません。

まずタキシードには大きく2種類があります。ズバリ襟の形が違います。それがショールカラーとピークドラペル

へちまの形の「ショールカラー」とは貴族のスモーキングジャケット由来

本来ショールとは=肩かけ、首から下げる、羽織る(はおる)という意味でした。

このショールカラーがタキシードに採用された元が、貴族達がシガーを吸いながら、バーボンをくゆらせる時のリラックスウェアであるスモーキングジャケット。

こちらのイラストはニューヨークの5番街にあるテーラーのものですが、ショールカラーの由来はアメリカ発祥と言われています。

特徴としては丸みがあり柔和な印象から日本人にはとても似合います。別名:ヘチマ襟(えり)とも呼ばれます。

→歴史について興味ある方はこちらもどうぞ

またスーツでは普段使用しないデザインのため、新郎の結婚式には特別感があり人気です。

襟がピンっと立ったピークドラペル

THE GENTS トップページの背景写真

襟の形にご注目。ピードラペル=剣襟とも言われます。

ピークとは「尖った」の意味で、高速道路の渋滞なんかで「今日が渋滞のピークで」なんて言いますよね。

ピークドラペルが今のタキシードの形に採用されたのは、本来、タキシードは燕尾服を原型としているためです。1800年頃のイギリスファッションの権威(洒落者)であったボウ・ブランメルらが燕尾服の原型を作り出し流行らせたと言われています。

つまりピークドラペルはヨーロッパ発なんですね。

どう選ぶ?ショールカラーとピークドラペル

どちらも格式に差があるわけではないので、お好きなほうを…というと簡単ですが、例えば

アメリカ由来=ショールカラー

ヨーロッパ由来=ピークドラペル

であることから、生地のブランドがイタリア製だったらピークドラペルなど、国をテーマに襟型を決めてみたり、歴史由来でタバコが好きな方はショールカラーとか(笑)

あとは丸みがある分、柔らかさが出るのはショールカラーだったりします。オーダーメイドだからこそ選べる利点もありますので、試着して、じっくり悩んでみてください。

最後に

いかがでしたか?フォーマルウェアの知識は普段なかなか使うことがないものですが、知らずに着せられるか、知っていて自分の意見で選ぶのかでは大違い。

結婚式という特別な機会だからこそ、学んでみてください。

オーダーメイドなさる場合は是非当サロンにもご相談くださいませ!スタイル決めからお色選びまで全力でサポートいたします。

■ご予約はこちらから

banner-toiawase2

1 2