THE GENTS について-結婚式もファッションも多様化しているという話

  • 2015年02月07日

ご存知の通り、ファッションやウェディングの形は今個性様々に多様化しています。男性誌はこの10年で2倍の約50誌と、女性誌にこそ敵いませんが、それでもアメカジからモード、ストリート、最近ではアレキサンダー・ワンのようなストリートモードなるジャンルも出てきています。

一方のウェディングは、昔こそ専門結婚式場やホテルでのウェディングが一般的でしたが、現在はビーチや一軒家でのガーデンor ビーチウェディング、映画館や遊園地で結婚式をする人もいるそうです。

このような流れから、既存のウェディング会社さんも「二人だけのウェディング」「オリジナルのウェディング」の形を模索する中、「衣裳については、これまでのようにレンタル一辺倒で」というのはどうも・・・というのがこのTHE GENTS の始まりでした。

私達スタッフを含めてですが、毎日ファッション誌を眺めたり、お洋服を買いに行ったり、スマホで流れる最新ファッションニュースをチェックしたり、洋服やファッションが大好きな人間にとってレンタル以外に選択肢が無いのはつらすぎると思います。

男性だってファッションが好きだし、オシャレして自分の結婚式を迎えたい。そう思っている方は多いはず。けれどフォーマルウェアなんて着たことがない。

スーツ以外のフォーマルウェアを着た人のほうが少ないと思います。(かくいう自分もそうでしたが)。 そんな時も心配ご無用です。いつもの大好きなファッションの感覚でフォーマルウェアも着こなせます。特別意識していないくても、腰回りがきゅっとしまっていて、パンツのテーパードが綺麗なスーツを見ると「あ、かっこいいな、オシャレな人だな」と思うことがありますよね?

「結婚式だから」って特別なことは何も無いんです。自分が良いと思ったものが良いのです。もちろんフォーマルな場所なのでルールは有りますから、そこは一緒に勉強していきましょう。

初めての挨拶にしては堅苦しくなりましたが皆さんが一生に一度の大事な式を、カッコイイ衣裳でバシッと決められることをお祈り申し上げて末筆とさせていただきます。