新郎が着る「シャツ」は絶対にオーダーメイドがよいと思う4つの理由

  • 2016年03月29日

平素THE GENTSのブログをご覧頂きありがとうございます。東京青山では桜がいい感じに咲き始めていて、新しい季節の到来を感じています。

さて最近新郎様より頂く質問が「シャツもオーダーメイドのほうがいいんですかねえ?」 「シャツまで予算が回らなくて…どうしましょ」というもの。

新郎が着用するオーダーメイドのシャツ

もちろんシャツもオーダーメイドするのが良いのは100人中95人くらいは感じているかと思うのですが、じゃあ何故オーダーメイドがよいのか、きちんと理由がわかりますか??

今回お話するのは、「シャツ」について。なぜオーダーが良いのかをお話したいと思います。

シャツはオーダーメイドがいい4つの理由

 

① 首周り、袖幅、袖丈(そで)のサイズが合っていないと貧相にみえる

みなさん「オーダーメイドでタキシードを作ってみたい」と思った方は「自分だけのオリジナルのデザインにしたい」とか「イタリア製の○○ブランドの生地を使いたい」など、様々理由があるかと思います。

しかし一番の理由は「自分のサイズにあったものを着たい」からではではないでしょうか?

新郎が着用するオーダータキシードのシャツ

実はこれって上着のタキシードだけではなく、下着であるシャツについても同様のことが言えます。

阪急メンズ館で、実際に自分が体験した「シャツ」の話

実は先日のこと、市場調査(買い物)という名目で、久しぶりに有楽町の阪急メンズ館にシャツを見に行ったのです。

阪急メンズオーダータキシード

東の伊勢丹メンズ、東の阪急メンズといった感じで自分もよく買い物をします。

さて、肝心のシャツですが、自分の体型は細見で、首のサイズは36cmなのです。一方で身長は176cmあるので手(袖)は長いほうです。

(ちなみにシャツのサイズですが、首の周りの長さを基準にします。めちゃくちゃ首が細い人ですと33cmくらいから五郎丸さんくらいだと45cmまであります)

まず直面した問題は、阪急メンズ館で取り扱っているシャツのサイズは首37cmからということ…。

もちろん自分は細身な体型ではありますが、自分達のお客様(新郎様)で35cmとかの人も沢山いたので、そういう方は多分合うもの1枚も無いと思います

採寸オーダータキシードシャツ

が、先日お気に入りのシャツを乾燥機にかけてしまい、短くて着れなくなってしまい困っていたこともあって、多少ネックを上げても買って帰りたいと思ったのです。そこでネックを37cmに上げました。

しかしここで大きな問題が発生。袖の長さが…圧倒的に短くて足りないんです。これだと腕を曲げた時に完全にスーツの袖にシャツが隠れてしまいます。結局買えませんでした。

同じような経験をしたビジネスマンの方、新郎方、絶対沢山いるはずです。2,3万円オーバーの高級なシャツだと袖をお直し前提で、最初から長めにとってあるものもありますが、1万円前後ではそれは無理ですよね。

② タキシード専用の「ピンタック入り」のシャツは入手が難しい

結婚式などで着用するタキシードのシャツと、普通のビジネスシャツの違いはなんでしょうか?

正解は、胸にピンタックがついたデザインの有無です。これは通称:スターチドブサム、イカ胸、ヒダなどと呼ばれる部分になります。

カジュアルだとこのデザイン結構出回っているんですが、フォーマルだと流通数がめちゃくちゃ少ないです。

ピンタック入りのオーダーメイドシャツ

実はこのピンタック仕様は加工が大変なのです。均等にキレイにヒダを付ける特殊な機械と技術が必要です。そしてビジネスシャツに比べたら遥かに需要が無い。当然流通数は少ないですよね。

街のスーツ屋さんに行ってみてください。まず置いていないと思います。

ユナイテッドアローズやトゥモローランドなどのセレクトショップには国産・インポートで1,2種類は置いてあるのですが、インポートは特にサイズが合わない。袖(そで)丈が足りなかったり、胴回りが余ったりとなかなかジャストサイズなものが見つからないのです。

③襟のデザイン・袖のデザインで個性をアピールできる

先ほどは書かなかったのですが、タキシードのシャツの特徴として、胸のピンタックと合わせて首元の襟(えり)のデザイン、袖(そで)のデザインが通常のビジネスシャツと違います。

まず襟(えり)ですが、ウィングカラーと呼ばれる立ち襟を使います。次に袖(そで)のカフスです。ダブルカフスという折り返してカフスボタンを用意することが、タキシードを着る上での最上級の着こなしです。

こちらがウィングカラーのシャツです。襟が立ってますね。

ウィングカラーのタキシードシャツ

そしてこちらがダブルカフスです。もちろんビジネスで好んで使う紳士もいますが、フォーマル度の高いデザインです。カフスボタンはオニキスですね。

french-cuff-shirts6

ダブルカフスにウィングカラー、これらの条件を満たしつつ、既成品でサイズも合ってる、これは探すのが相当至難の技でしょう。

けれどせっかく結婚式でタキシード着るのであればこのくらい完成度高くいきたいですよね?

また「襟はウィングカラーがいいんだけど、袖はダブルカフスじゃなくていい」などお好みもございます。オーダーメイドの魅力は、サイズはもちろんですが、こういった要望に丁寧に対応できることなんです。

④シャツイチで脱いでも様になる

新郎のオーダーシャツ

シャツは肌着というのはイギリス人の口癖ですが、脱いでもカッコいいのが大事ということを自分はジャスティン・ティンバーレイクとJAY-Zに教えてもらいました。どうでしょう、このスタイル。

2次会のくだけた時には首から蝶ネクタイをぶら下げて、第一ボタンを開襟。カッコいいですよね。これでシャツのサイズ全然合ってなかったら脱げませんよね。

自分たちはこういうシャツを魅せるスタイルを提案しています。

THE GENTSのタキシード2016

最後に

いかがでしたか?サイズ以外にもオーダーメイドのシャツがいい理由は色々とあるのです。

スクリーンショット 2016-03-29 15.44.25

ちなみに、THE GENTS ではウィングカラーはもちろん沢山の種類から襟(えり)、袖のデザインを選べます。ボディは36cmからご用意していますが、首は33cmから作れますので細い方も安心。

スクリーンショット 2016-03-29 15.44.06

なお、オーダー価格は19000円~となります。

是非実際にお店で自分にベストなシャツ選びをしてみてくださいね。

オーダータキシードの予約のバナー