フォーマルシーンで男性が履くべき靴を選ぶ -ホテル・式場編

新郎が履く靴

上質なタキシード、ブラックスーツに身を包んだら、足元も抜かりなくキメたいものですよね。心理学によれば、人の目線は目元から足元にかけて流れていくそうです。

おおよそファッションの関係者も「オシャレな人だな」と認識する時は、まず全体を、そしてヘアースタイルから足元の靴にすべるように目線を配っていきます。

最後の靴までを見て、脳内審査した上で「あ、この人はオシャレな人だな」と烙印を押すわけです。

ウェディングは女性にとっても男性にとっても、エレガンスに装うべき大きなイベント。かのサルヴァトーレ・フェラガモは「良い靴を履きなさい。良い靴は履き主を良い場所に連れて行ってくれる」と名言を残していますが、よい靴で式を迎えればきっと幸せな人生が待っているはず。知識を得て、妥協せずにきちんとしたものを選びたいですね。

結婚式で男性が履くべき 靴の種類

1,オペラパンプス

johnlobb

フォーマル度:☆☆☆☆☆ 価格:☆☆☆☆ 使い回し度:☆☆

映画やドラマで見たことのある方も多い、オペラパンプス。オペラと言う名の通りオペラ観劇や音楽会・舞踏会・晩餐会用に着用されます。リボン飾りにパテントレザーが一件女性の靴のようですが、燕尾服やタキシードといった装いの際のモストフォーマルなルームシューズ。

ソールは薄く、外での着用には不向きですがフォーマルな印象は非常に強いです。価格はパテントレザーであればお安めで、イギリスのブランドジョンロブでも10万円弱、クロケット&ジョーンズなどは5万円弱で購入可能。

特別な機会だからこそ履いてみるのもアリです。

2,パテントレザーのプレーントゥ or ストレートチップ

img57343089

フォーマル度:☆☆☆☆☆ 価格:☆☆☆☆ 使い回し度:☆

フォーマルシーンで多く目にするのはこちらでしょう。一般的なドレスシューズに近く、形も馴染みやすいと思います。

では「なぜフォーマルではパテント(エナメル素材)を履くか」といいますと、男性がパートナーの女性のドレスを靴墨で汚さないためです。特に結婚式では新婦の純白のドレスを汚してしまう恐れが出てきます。また光を反射するためドレッシーな印象も充分あります。パテント素材は乾いた布で磨くだけで充分な光沢が出るのです。

価格はこちらもレザーよりは安いため購入はしやすいでしょう。先のジョンロブやクロケットジョーンズ、エドワードグリーンなど主要イギリス靴メーカーからREGALなど国産まで幅広く選べます。

3,カーフレザーのストレートチップ

oxford_shoes_goodyearwelted1

フォーマル度:☆☆☆☆ 価格:☆☆☆ 使い回し度:☆☆☆☆☆

「あれ?普通のドレスシューズじゃないか」と思われる方もいらっしゃると思いますが、その通り。牛革の一般的なレザーシューズです。しかし同じドレスシューズの中にも順位があります。

最もフォーマルなのがプレーントゥ、そしてストレートチップ、メダリオンやウイングチップと並びます。最もカジュアルなのがコインローファー。

主役の新郎さんが、厳格なホテルや式場での結婚式で履くべきはプレーントゥかストレートチップが相応しいです。そして内羽根式のもの。他はなるべく避けた方が無難です。(もちろんビーチや野外など比較的リラックスした結婚式の場合は別)

価格は様々ですがビジネスシーンにも使え、ソールを張り替えたりきちんとメンテナンスすれば長く愛用するできます、また質の良い革のものだとより上品に見えます。少し奮発して上質な革靴を用意されるのもよいのではないでしょうか。

国産でも皇室御用達の大塚製靴や三陽山長など上質なものが買えます。女性のドレスに汚さないようにだけご注意。

その他、細かい注意点

①内羽根 or 外羽根

uchi内羽根がフォーマル、外羽根はカジュアルです。内羽根は以前紹介したイギリスのアルバート7世が儀礼時にパンプスに変わって発明したものと言われており、その誕生にはフォーマルの歴史があります。

また見た目もスッキリしていてエレガンスな雰囲気があります。

一方、外羽根は紐の部分が全開するので、着脱が比較的素早くできるうえに、フィット感の調節も容易にできる点が、靴本来の要素として理にかなっていることで、狩猟用や屋外での作業用など実用的なシューズとして発達しました。

②ローファー、茶靴はやめておきましょう

ro-fa-

ローファーはカジュアルの代名詞。紐が無くても履けることからラクチン靴として認識されています。ハーバード大学やイエール大学(俗に言うアイビー・リーグ)の学生らの着用で世に広まりました。

③奇怪なロングノーズやシークレットシューズ系はダメ。

l2785-e-03

やはりどう見ても不自然ですしやめましょう、不気味です。

まとめ

衣装は完璧でも、靴の選び方一つでも印象が変ってきます。

革靴だったらなんでも良いでしょ、といった考えではナンセンス。

台無しにしてしまうと全体的に残念なことになりがちです。

まずは基本を知り、足とスタイルにあったものを選び

しっかりと綺麗な状態のものを履くようにしましょう。

是非一度ご相談くださいね。

■ご予約はこちらから

banner-toiawase2