【早めの準備が大切】理想のタキシードの作り方

 

オーダータキシードの作り方

タキシードの店舗

皆さんの最初の悩みが「衣装をオーダーにするかレンタルにするか」、そしてオーダーメイドでタキシード作る事が決まったら、次に「どんなタキシードにしようか?」ということ。

もしオーダーメイドでタキシードが作りたければ、実はあらかじめ準備が必要です。

準備と聞くとなんだか面倒に感じてしまいますが、何か特別な物を用意する必要はありません。

お店に自分が持っている理想のイメージを伝えやすくする為、頭の整理をしておくというだけです。それではいってみましょう。

100%自分にピッタリのタキシードはお店には置いてない

いきなりなのですが、オーダーメイドの場合、サンプルのタキシードはお店にもいくつか置いてあるとはいえ、残念ながら自分の体、好みに合った衣装がその場にあるわけではないのです。

当店でもサンプル試着の際、腕etcが長い短い大きい小さい、、などのお声もいただくのですが、「繰り返します、これはサンプルです、落ち着いてください。」のやりとりが稀にございます。笑

また色の好みもネイビーだとしても、落ち着いた濃いネイビーなのか、青に近い爽やかなネイビーなのか異なってくるわけです。

よってお店に行き「サイズもバッチリだし、デザインもまさにこれ、これと同じので宜しく」といった事はまずございません。

理想のタキシードを作るには理想のイメージを持っておくことが重要

ご依頼内容からタキシードを作り出すオーダメイド、よってどうしても想像力が必要となります。

もちろん最初からタキシードについて詳しい方なんていませんから、実際に仕立てるにあたっては色々アドバイスや提案をもらいながら決めていくのですが、実際に決断していくのはあなた自身。

よって、作りに来てみたが全くの「 I have no idea」 では、提案の話も上手く飲み込みずらいですよね。

それではどのようなイメージを持っておけばいいのでしょうか?

①色やデザインの好みを伝える

オーダータキシードの生地

まずは、豊富な生地デザイン。「オススメで、おまかせで」というのは簡単ですが、正直リピーターさんでも無い限りこちらはご新規さんのお好みは分かりません。それに折角のオーダメイドがなんか勿体無いですよね。

よって、どうせなら自分の着たいデザイン、こんな風になりたいとお願いしてみるのもオーダーの一興です。

もちろんオーダーが初めての方は「詳しい事なんて分からないし伝えようが無い」・・・という事は当然なので、些細な事でも恥ずかしがらず色々とご相談してみてください。

もし実際に着てみたいデザインの画像や雑誌の切り抜きなどがあれば、その要望に合わせた提案も出来ます。

雑誌の切り抜き以外ですと、pinterestが役に立ちますので是非キャプチャーしてください。

例、こういうのが良いなど

ベッカムのタキシード

例えば、この写真で左のものが好みです、と言われたらピークドラペル(襟先がつり上がったデザイン)で白いシャツが良いのだなとか、黒などターク系の色が良いのだな、ということがわかります。

右のほうであれば襟はショールカラーがお好み、白や鮮やかな色も気になっているのであれば、良い生地あったから提案してみよう、など店側にも明確に伝わります。

理想が絞れていれば膨大な生地選びの迷路に迷うことなく、二次会の衣装選びなどにも時間がさけます。

②ダイエットなど体型変動する予定があれば絶対に伝える

結婚式でダイエット

最近では挙式に向けてダイエットしてから結婚式に挑むという方が多いですね。

しかしこれは僕らにとっても大きな問題で、ご注文後にダイエットをされると仕上がりのサイズが合わなくなってしまい、直しの費用と時間がより多くかかってしまいます(サイズ調整は有料となります)。

テーラリングファッションはフィッティングが重要なので、予定のある方はこちらも頭に入れておいたほうが良いです。

③挙式の内容や日程を伝える

テーブルコーディネート

当日の会場や、式の内容を伝えるだけでもより結婚式の雰囲気にマッチした提案も出てきますね。特によく相談で多いことは

・内装、演出などの雰囲気(テーブルの飾り付け、テーマカラー、照明の雰囲気)

・参列者はどのような方達を呼ぶのか

・ドレスコードやお色直しはあるか?

など、一見タキシードのデザインには関係ないものも、自分たちにはとっては重要な要素です。詳しい情報をお伝えいただいたほうが方が、よりその場にあった雰囲気のスタイルを提案しやすいです。

④新婦のドレスの情報を伝える

ウェディングドレスの画像

新婦さんのウェディングドレスもポイント。ドレスのデザインによってタキシードの選択も、もしかしたら変わってくるのではと考えています。

例えばクラシカルなドレスに対し、男性が強めなパーティー雰囲気のスタイリングでは並んだ時に違和感が出てきてしまいますよね。逆も然り。二人のバランスが合っていたほうがより、その場所と時間が素敵に見えてきますよね。

また本来、新郎は新婦をスマートにエスコートし、その美しさを引き立たせることが役割といった考えもあります。

紳士的かつ違和感の無い着こなしは、相手とあなたの魅力をより引き出してくれることでしょう。

④納期には余裕を持ってオーダーする

おおよそ1.5ヶ月ほど時間がかかってしまうオーダーメイド。

ほとんどの方は挙式の決定と同時にオーダーをいただけるのですが、当日に受け取りをされるおつもりですか?と驚いてしまうような、お問い合わせもしばしございます。

長いようであっという間の結婚式までの準備期間。

しっかりと挙式までゆとりを持たせたスケジュールでオーダーをすること。

これだけ出来れば事前準備は完璧ですね!よいタキシードが出来上がることお祈り申し上げます。

オーダータキシードの予約のバナー