2017年度版、新郎の衣装を選ぶ時に知っておくべきこと

  • 2017年02月13日

THE GENTS TOKYOのディレクター室です。今回はこれから迎えるであろう祝いの日を飾る新郎の衣装をどうやって選んだら良いのか、悩んでいる新郎新婦さんに向けてのコラムです。

男性、女性の皆さんにとって結婚式という体験は(おそらく…)初めての経験ですよね? とすれば、ウェディングドレスを着たり、タキシードやフロックコート、燕尾服と言われる正装に身を包むのは初めてのはずです。

だからみんな初心者で、みんな知らないのは当たり前です。

ただし、この結婚を機会に知ろうとするのか、わからないけどなんとなく薦められたからそれを着ているのでは、大違いです。

160627uek037

自分の意思で、知見を持って決めてほしい

知っててルールをはみ出すのは、「外しテク」として褒められますが、知らずにルールを破っているのは「知識がない人」と思われるだけ。

だからこそ、正しい知識を身に着けて、衣装屋さんになんとなく着せられるのではなく、「自らの意思で知見を持って選ぶ」ことをオススメいたします。

かたっ苦しい話しになりましたが、それでは早速本題に移りましょう。

金額で見る、新郎衣装の適正金額はいくら?

money-card-business-credit-card-50987

新郎の衣装を選ぶにあたって、まず気になるのがお金の話し。みんな一体いくら位新郎の衣装にお金をかけているのだろう?と気になりませんか?

実は、これゼクシィを運営しているブライダル総研が毎年データとして公表しています。

2016年、新郎の衣装の平均金額は16.7万円

IMG_9223-1

トレンド調査によれば、新郎の衣装総額は16.7万円で、2010年調査から1.7万円増加し、増加傾向にあるそう。

出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2016調べ

そして驚くべきことに、新郎の衣装の全体値のうち、30万円以上の人が13%もいること。20万円~25万円の人も17.4%もいます

30万、25万円という金額をたった一日の新郎の衣装代として払うって…生地に金粉でも練り込んでいるのかと疑っちゃいますね。

もしこの金額で衣装を式場で借りようとしているのであれば、それが例えアルマーニのタキシードであっても、グッチやサンローランのタキシードであっても「割高」です。今すぐ阪急メンズ館か伊勢丹メンズ館で新品を買いましょう。

MIAMISTORE_SOCIAL_751_751_4_0915

また一方で9~11万円のレンジに17.3%という大きな山があるのもなんとなく頷けます。

中堅クラスの式場でほどほどの貸衣装だと相場はこのくらいだと思います。ただしこのレンジのレンタル商品は何度も着ふるされた昔のデザインのものです。

なぜこんなに衣装借りるのが高額なのか?その理由

top-tuxedo-design

※写真はTHE GENTSのオーダーメイドタキシードの一例です。

「結婚式の衣装ってなんでこんなに高いんだろう?たった数時間なのに」

そう思われた方いませんか?

その理由は衣装業者から式場へのキックバック率の高さにあります。高いところでは60%、安いところでも20%を紹介元に支払います。

例えば式場に10万円で借りても、衣装業者にはいるのはその半分の5万円。保管などの管理費、サロンの家賃、クリーニング代金、人件費などを考えると実利はわずか。だから価格を高くせざるを得ないのです。

私達THE GENTSが式場と提携しないのは、そういった余計な「袖の下費用」を抑えることで本当に良い品質のものを新郎新郎さんに着てほしいからです。

新郎の衣装=派手は何故?

2016-Custom-Made-Groom-Tuxedo-font-b-Silver-b-font-font-b-Suit-b-font-Peaked

結婚式の新郎の衣装のイメージといえば、演歌歌手か70年台のディスコスターがステージで着ているようなツヤピカのロングタキシードを想像されると思いますが、実はそれは古い慣例で、昔の結婚式の名残りです。

日本の派手な新郎衣装は、1980年代の遺産

1980年当時、アメリカから洋風の結婚式が輸入された時代は、そもそも何を着るのが正しいのかわからなかったのです。だからその当時一番流行っていたスターのステージ衣装=主役を真似ました。

※今でこそアメリカなどフォーマル先進国ではホワイトドレスにブラックのタキシードが常識ですが、その時代はアメリカでもパウダーブルーの派手な衣装が流行っていたのです。日本の場合はその名残りが現存しています。

おそらく30年後にはそういった衣装もなくなっているはずなので、30年後に結婚式の写真を見て恥ずかしい思いをしたくない場合は、シンプルなタキシードをおすすめします。普遍的なものは不変だからです。

主役=派手というのはとんでもない恥ずかしい勘違いで、新婦のドレスを引き立てるべく、新郎は慎ましやかに凛と佇むのが正解です。

新郎が着る衣装の種類は…タキシード一択

アルバートサーストンのサスペンダーを着用したタキシード

衣装の種類としては、燕尾服、モーニング、タキシード、ディレクターズスーツ、ブラックスーツなど様々。しかし、消去法で考えても、新郎に残された衣装は1種類しかありません。それはタキシードです。

※タキシードって何?という方はこちらの記事をご参考ください。

夜の正装である燕尾服はオーケストラの指揮者くらいしか今では着用しませんし、天皇陛下の出席する夜のパーティーでも今は燕尾服はドレスコードから外れました。

昼の正装である、モーニングは内閣組閣の際の写真撮影で大臣達が着るか、新郎新郎のお父様が着るくらいで、新郎が着用するには大げさすぎます。

海外の挙式のベーシックはタキシードかブラックスーツですが、ブラックスーツは日本の場合ビジネスマンも着用するので違和感がある場合、必然的にタキシードになります。

ちなみによく古い衣装屋に置いてあるフロックコートというのは正式な礼装でも準礼装もなく、ただのステージ衣装です。

※その他の衣装についての詳しい解説はこちら

2017年のタキシードトレンドはセレブに学べ

TUXEDO-2017

結論から言えば、皆さんが期待したような色やデザインのトレンドというのは2017年現在存在しません。今でも主流はブラックやネイビー、ホワイトといった色です。

これら、俗に言うフォーマルカラーは一生のスタンダードであり、いつの時代も恥ずかしくない色です。

ネイビー柄のショールカラーのオーダータキシード

え、ネイビーも?と思った方、ネイビーの由来はスーツの基礎となった軍服=海軍に由来していること、またミッドナイトネイビーと呼ばれる深い紺はタキシードの世界では暗闇で黒よりも目立つと言われており、タキシードの定番カラーです。

ryan-r-73440641-7aea-43f3-bdb6-2faf773b7ea3

ただし、アイテムの素材感やサイズ感にはトレンドがあります。これはスーツも同じです。

そういったトレンドは誰から学べばよいのでしょうか?それは一番正装をすることが多い、海外のセレブリティーたちから学ぶのがよいでしょう。

彼らはディオールやプラダ、ドルチェ&ガッバーナ、グッチなど多くのブランドの広告塔であり、衣装の提供を受けていますので、そういったブランドが祝いの場や、フォーマルな場で今着てほしい衣装を提供しています。

各ブランドのインスタグラムを見てください、ゴールデングローブ賞やオスカーの度に「この人がうちのタキシード着てますよ」とポストしていますから。

それを見れば今のトレンドが分かるはずです。

オーダーメイドタキシード ホワイト 白

ラ・ラ・ランドで大注目のライアン・ゴズリングもシンプルなホワイトのディナージャケット、足元のルブタンはベルベット素材。

※セレブリティーの着こなしはこちらから

新郎衣装はレンタル or オーダーメイド or 購入する?

続いて、そんな衣装はどこに行けば手に入るのかを教えます。

もし自分がもう一度結婚式を上げて、タキシードを買う or 借りてこいと言われたら以下の3択から決めるでしょう。

①オーダーメイドで作る

タキシードの採寸をする写真

サイズのあっていないスーツやタキシードほど、みっともないスタイルはありません。

肩はしっかりとはまっているか、胸周り、首後ろは浮いていないか、袖は長過ぎないか、パンツの丈は靴にかかっていないか、などチェックポイントが最も多い洋服の一つです。

ざっと上記のポイントだけでも抑えられれば、それなりに凛々しく見えるものです。

スポーツをやっている人、痩せ型、太り気味の人はオーダーが良い

またデザインという観点以外で、スポーツをやっていらっしゃる方など、太腿が発達している、肩幅が広い人、痩せ型で背の低い人など、物理的にレンタルの衣装が合わない方もオーダーメイドがよいと思います。

素材やデザインを一つ一つ自分で吟味できるのもオーダーメイドの魅力。

吊るしのレンタルをさっと着るのは楽だし、いろいろ考えるのが嫌な人もいますが、意外とオーダーメイドは楽しいもの。是非相談してみてください。

②高級ブランドのタキシードを購入し、お金をかけてお直しをする

もし自分がお金持ちだったら…TOM FORDやGUCCI,PRADAでタキシードを購入し、自分サイズにお直しするかもしれません。

ただその場合最低でも30万円、お直し代が数万円はかかることは覚悟の上です。ただしそういったブランドの衣装を着ていることが自分への自信につながりますし、その価値はあると思います。

③旅の恥はかき捨て。徹底的にコストを抑えて2万円でブラックのタキシードを借りる

最終手段ですが、借りるのであればたった数時間のために10万円も払いたくはありません。だから最もコスパのよい方法として、最低金額でタキシードをレンタルします。

しかしその場合お直しはできないのでサイズ感はハチャメチャなのと、素材がポリエステルのペナペナなタキシードで自分が着用100回目でも文句は言えません。コストをかけない、ただそれだけです。

一生で一番良いものを着ていい時に、2万円のタキシードはかなり残念ですが、仕方ありません。

よい衣装店と悪い衣装店の見分け方

タキシードの店舗

よい衣装店と悪い衣装店の見分け方は簡単です。

・この衣装の良いところ、悪いところをきちんと教えてくれる店

・衣装のルーツや歴史、素材についても説明してくれる店

・派手な商品と落ち着いたベーシックな商品が両方ある店

新郎専門のドレスショップというのはあまりないので、普通のドレスショップにおいてある新郎コーナーは正直物足りなさがあるのがほとんど。

「似合いますよ、カッコいいですよ」しか言えないのは、ドレスショップの女性店員さんには知識が無いからで、そういった衣装店で借りるのは文字通り自殺行為です。

価格もそこそこ、ベーシックなデザインから派手めまでしっかり揃えていて、且つ新郎衣装への含蓄のあるスタッフさんがいるお店。そういうお店があれば良いと思います。

結婚写真は二人で一枚、素敵に見せたいなら彼の衣装が重要

_I0A3007-lg

これは新婦さんへの提言ですが、結婚式にはブライダル○○(エステなど)と言われる多くのサービスがあるほど、新婦さんにとっては特別な行事であり、お金も時間も全力で力を入れる場所です。

だからこそ自分磨きに徹底するのもよいですが、結局みんなが見ているのは、あなたのドレスだけではなく、新郎・新婦二人で一つの姿なのです。

ヴェラウォンやオスカー・デ・ラ・レンタの高級なウェディングドレスに身を包み、ハリーウィンストンの高いマリッジリングを指に光らせるのもいいですが、隣に経つ新郎が借りてきたネコのようなサイズの合っていないレンタル衣装か、クタクタの貸し回されたタキシード、時代遅れのフロックコートでは、周りは素敵とは思ってくれないと思います。

華やかなウェディングドレスを着た新婦、そして隣に佇む新郎は、自分のサイズにぴったりとあった漆黒のブラックタキシードに見を包み、新婦の純白のドレスを引き立たせる姿、それこそが見ていて美しいのです。

最後に

私達がオーダーメイドのタキシードをお仕立する理由は、やはり既存の新郎の衣装の価格・サービスに納得がいっていないからです。本当に良いものを、適正な価格で提供できていないと思います。

伝統的な結婚式の価値観=結婚式は何をするにも高額が当たり前

例え結婚式であっても、価値あるものやサービスであればお金を払い、価値無いものにはお金を払いたくない、これはブランドのディレクターである自分の考え方なのかもしれませんが、自分はこう思います。

結局のところ、どうやって新郎の衣装を選ぶかは、新郎新婦さんそれぞれが決めることですが、ネットでも良いので自らで情報を集め、知見を持って最高の一着を選んでほしいと思います。

オーダーメイドで作ってみようと思われた方は是非私共にもご相談ください。

banner-toiawase2